日本女子プロ野球機構

沿革 History

2009年

8月 ・日本女子プロ野球機構発足を発表。
10月 ・第1回合同トライアウトを開催<関西地区>
11月 ・第1回合同トライアウトを開催<関東地区>
12月 ・球団設立を発表。
アストドリームス/スイングスマイリーズの2球団が誕生。
ドラフト会議を開催し、女子プロ野球30選手が誕生。

2010年

4月 ・日本女子プロ野球リーグ開幕<わかさスタジアム京都>
12月 ・リーグコンベンション2010を京都にて開催。
 【MVP(角谷賞)】
 兵庫スイングスマイリーズ 川保麻弥(初)

<前後期> 総合優勝 兵庫スイングスマイリーズ(初優勝)

2011年

4月 ・日本女子プロ野球リーグ2011開幕<わかさスタジアム京都>
・全国に女子野球を普及する、シンデレラシリーズ開幕(10地域)
8月 ・京セラドーム大阪にて最多観客動員数を記録。(5,125人)
11月 ・プロ、アマチュアで日本の女子野球チームの頂点を決める大会第1回女子野球ジャパンカップ開催<わかさスタジアム京都>
【優勝】 埼玉栄高校(埼玉県)
<前後期>  総合優勝 兵庫スイングスマイリーズ(2年連続)
<シンデレラS>  優  勝 兵庫スイングスマイリーズ
12月 ・3球団目となる大阪ブレイビーハニーズ設立を発表。
・リーグコンベンション2011を京都にて開催。
 【MVP(角谷賞)】
 兵庫スイングスマイリーズ 小西美加(初)

2012年

3月 ・日本女子プロ野球リーグ2012開幕<京セラドーム大阪>
4月 ・女子プロ野球選抜対日本代表戦を開催。
   第1試合 女子プロ野球 6-1 日本代表
   第2試合 女子プロ野球 9-0 日本代表
8月 ・第5回IBAF女子野球ワールドカップがカナダで開催され、プロから
5名の選手が日本代表入り。史上初の大会3連覇を達成。
※女子野球ワールドカップは2年に1度開催。
10月 ・第2回女子野球ジャパンカップ開催<わかさスタジアム京都>
【優勝】 兵庫スイングスマイリーズ
11月 ・2013年、関東球団の設立を発表。
12月 ・リーグコンベンション2012を京都にて開催。
 【MVP(角谷賞)】
 大阪ブレイビーハニーズ 小西美加(2年連続2回目)
<前 期>  優  勝 京都アストドリームス(初)
<後 期>  優  勝 大阪ブレイビーハニーズ(初)
<前後期>  総合優勝 大阪ブレイビーハニーズ(初)

2013年

1月 ・女子プロ野球機構の略称をGPBL→JWBLに変更。
4球団目のアストライア設立を発表。
アストドリームス→フローラに名称変更。
スイングスマイリーズ→ディオーネに名称変更。
ブレイビーハニーズ→レイアに名称変更。
3月 ・日本女子プロ野球リーグ2013開幕 ティアラカップ(全19大会)
1都市完結型のトーナメント戦で、4球団で優勝を争う。
優勝回数の多い上位2チームが女王決定戦に進む。
・女子プロ野球の最高峰の戦い『ヴィクトリアシリーズ』を開催。
『オールウエストJAPAN』、『オールイーストJAPAN』で対決。
11月 ・第3回女子野球ジャパンカップ開催<静岡草薙球場>
【優勝】 ディオーネ
・女王決定戦を開催
12月 ・リーグコンベンション2013を京都にて開催。
 【MVP(角谷賞)】
 アストライア 川端友紀(初)
<ヴィクトリアシリーズ>  優勝 オールイーストJAPAN
<ティアラカップ>  1 位 アストライア
2 位 フローラ
<女王決定戦>  優勝 アストライア

2014年

1月 ・株式会社日本女子プロ野球機構から、一般社団法人日本女子プロ野球機構に事業承継。
4月 ・ヴィクトリアシリーズ開幕(全48試合)
東西に分かれ前後期の優勝を決定。
さらに東地区女王と西地区女王で年間の女王決定戦を行い勝利チームが優勝。
5月 ・ティアラカップの開幕(全4大会)
4チームが集まりトーナメント戦を開催。
9月 ・第6回IBAF女子野球ワールドカップが宮崎県で開催され、プロから7名の選手が日本代表入り。史上初の大会4連覇を達成。
※女子野球ワールドカップは2年に1度開催。
11月 ・第4回女子野球ジャパンカップ開催<県営大宮球場>
【優勝】 フローラ
・女王決定戦を開催
12月 ・リーグコンベンション2014を京都にて開催。
【MVP(角谷賞)】
フローラ 三浦伊織(初)
<ヴィクトリアシリーズ> 東地区優勝 アストライア
西地区優勝 フローラ
<女王決定戦>  優勝 フローラ

2015年

1月 ・地域密着での活動を視野にチーム名を変更
京都フローラ・埼玉アストライア・兵庫ディオーネ・東北レイア
レイアを高卒選手の育成専門の球団とする。
3月 ・ヴィクトリアシリーズ開幕(全70試合)
3チームによる三つ巴戦により前後期の優勝を決定。
淡路市と兵庫ディオーネのホームタウン協定を締結。
5月 ・東北レイアとトップチームによるチャレンジマッチが開催。
6月 ・ティアラカップの開幕(全2大会)
4チームが集まりトーナメント戦を開催。
・兵庫ディオーネとドリームチーム(京都フローラ埼玉アストライア混合チーム)
によるオールスターゲームを兵庫ディオーネのホームタウンである淡路島で開催。
10月 ・ジャパンカップ出場決定戦を開催 兵庫ディオーネvs東北レイア
・第5回女子野球ジャパンカップ開催<県営大宮球場>
【優勝】 兵庫ディオーネ
11月 ・女王決定戦を開催
12月 ・リーグコンベンション2015を京都にて開催。
【MVP(角谷賞)】
投手部門 京都フローラ 植村美奈子(初)
打者部門 兵庫ディオーネ 大山唯(初)
<ヴィクトリアシリーズ> 前期優勝 京都フローラ
後期優勝 京都フローラ
<女王決定戦>  優勝 京都フローラ

2016年

1月 ・東北レイアが全国での活動を視野に「レイア」にチーム名変更
3月 ・ヴィクトリアシリーズ開幕(各チーム32試合)
3チーム(京都、兵庫、埼玉)による三つ巴戦により前後期の優勝を決定。
5月 ・ほっともっとフィールド神戸でオリックスと兄妹試合が開催。
オリックス対ソフトバンクの試合終了後、ディオーネ対フローラの公式戦が開催された。
6月 ・レイアとトップチーム3球団選抜によるチャレンジマッチを開催
・ティアラカップ岐阜大会を開催
【優勝】 京都フローラ
8月 ・オールスターゲーム〜球女の祭典2016〜を熊本県営八代野球場で開催。
九州選抜チームとファン投票選抜チームとの対戦。
9月 ・第7回WBSC女子野球ワールドカップが韓国で開催され、プロから5名の選手とコーチ1名が日本代表入り。史上初の大会5連覇を達成。
※女子野球ワールドカップは2年に1度開催。
10月 ・女王決定戦を開催
・ジャパンカップ出場決定戦を開催
・第6回女子野球ジャパンカップ開催<ほっともっとフィールド神戸>
【優勝】 兵庫ディオーネ
12月
・リーグコンベンション2016を京都にて開催。
【MVP(角谷賞)】兵庫ディオーネ 里綾実(初)
<ヴィクトリアシリーズ> 前期優勝 兵庫ディオーネ
後期優勝 兵庫ディオーネ
<女王決定戦>  優勝 兵庫ディオーネ

2017年

1月 ・レイアの拠点が京都府城陽市に。
3月 ・女子プロ野球リーグ2017開幕(各チーム44試合)
3チーム(京都、兵庫、埼玉)による三つ巴戦により2017シーズン優勝を決定。
6月 ・京セラドーム大阪にて、オリックス・バファローズとのスペシャルコラボマッチを開催。リーグ初となる10,000人を超える来場者を記録。(10,560人)
7月 ・明治神宮野球場にて、単独開催最高となる7,812人を動員。
    (キャップトス、ギネス記録に挑戦)
8月 ・ティアラカップ岐阜大会を開催
【優勝】埼玉アストライア
・オールスターゲーム〜球女の祭典2017〜をわかさスタジアム京都で開催。選手の出身地を東西に分けALL East vs ALL Westで対戦。
9月 ・ティアラカップ熊本大会を開催
【優勝】埼玉アストライア
10月 ・女王決定戦「兵庫ディオーネvs埼玉アストライア」を開催。埼玉アストライアが4年ぶりに女王奪還。
・ジャパンカップ出場決定戦「レイアvs京都フローラ」を開催。京都フローラが出場権獲得。
11月 ・第7回女子野球ジャパンカップを開催<わかさスタジアム京都>
【優勝】埼玉アストライア
12月 ・リーグコンベンション2017を京都にて開催。
【MVP(角谷賞)】埼玉アストライア 岩谷美里(初)
・兵庫ディオーネの拠点が愛知県に、それに伴いチーム名「愛知ディオーネ」に変更することを発表。
<2017シーズン> 優勝 兵庫ディオーネ
<女王決定戦> 女王 埼玉アストライア

2018年

1月 ・愛知ディオーネが拠点を愛知県に移し活動を開始。
3月 ・新入団選手14名が入団。
・ナゴヤドーム(愛知)にて、女子プロ野球リーグ2018開幕(各チーム42試合)3チーム(京都、愛知、埼玉)が、2018ヴィクトリアシリーズ優勝を争う。
4月 ・奄美大島で初となる女子プロ野球公式戦を、奄美市名瀬運動公園市民球場(鹿児島)にて開催。
6月 ・新潟県で初となる女子プロ野球公式戦を、ティアラカップ新潟開催として柏崎市佐藤池野球場(新潟)にて開催。
7月 ・岩手県で初となる女子プロ野球公式戦を、花巻球場(岩手)にて開催。
8月 ・香川県で初となる女子プロ野球公式戦を、ティアラカップ香川開催として丸亀市民球場(香川)にて開催。
【優勝】京都フローラ
・オールスターゲーム2018を京セラドーム大阪で開催。
選手入団年度で分けレジェンドオールスター vs フレッシュオールスターで対戦。
女子プロ野球の試合後に、野球少女によるオールスターゲームを開催。
・わかさスタジアム京都の最多観客動員数を更新。(4,121人)
9月 ・第8回WBSC女子野球ワールドカップがアメリカで開催され、プロから9名(日本代表6名、台湾代表3名)の選手が出場。
決勝戦は日本vs台湾で行われ、日本代表が史上初の大会6連覇を達成。
※女子野球ワールドカップは2年に1度開催
10月 ・女王決定戦「京都フローラvs愛知ディオーネ」を開催。愛知ディオーネが2年ぶりに女王奪還。
・ジャパンカップ出場決定戦「レイアvs埼玉アストライア」を開催。埼玉アストライアが出場権を獲得。
・第8回女子野球ジャパンカップ開催<わかさスタジアム京都>
【優勝】京都フローラ(4年ぶり2回目)
<2018シーズン> 優勝 京都フローラ
<女王決定戦> 年間女王 愛知ディオーネ
<第8回女子野球ジャパンカップ> 優勝 京都フローラ